FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/04/05

これから志望校を決める方々へ

おはようございます! 教育相談室のマスケンです(^-^)/
昨日は話題の岡山理科大学 獣医学部の入学式を取り上げました。この大学の評価は、昨日入学した定員の学生の内、何人が獣医師の国家試験を受験し、何人が合格するかというところに掛かっていると思います。6年間は長いですが、国家試験は1年に1回しかありません。これに合格しないと、動物に人より詳しい人でしかありません。他分野に就活しても、4年制大学卒よりも2年も社会に出るのが遅いわけですから、採用する企業があるかと言われれば、そんなに世間は甘くないと思います。
 これはあくまでも個人的な意見であり、友人の上場企業の人事部長の話として、今や大学を卒業しているなんて、以前に比べてほぼ価値はなく、①何を勉強したのか、②何を経験したのか、③そしてそれをどのように社会貢献するのかという 3点が明確になっていない学生は相手にされない時代になっていると思います。

そんなことで今日は志望校を決定する上でのアドバイスをしたいと思います。

進路の階段
これがこれからのステップのイメージです。
前々回にも書きましたが、とりあえず大学に入学する、大学で探すという事が通用する大学は、
東大を始めとする国公立大学と、早稲田、慶応義塾、上智などの私立難関大学だけでしょう。
ちなみに先程、友人の上場企業の人事部長がいうには書類選考の際の作業として、
「高校名で地頭の良さを見て、大学名で努力する力を見ている」だそうです。
ですから、将来どんな仕事(会社じゃないですよ)に就きたいのか? を考え、
そのうえで どの学校に行ったら良いのかを考えることをお勧めします。当然途中で色々と学んだり、経験することで目標を変えても構いませんが、目標設定を先を見据えた設定にする事が重要です。
そのうえで、志望校を決めると入試面接対策にもなると思います。
 採用企業側でも、GMARCH以下は残念ながら対応を変えるが現実でしょうし、日東駒専レベルがギリギリラインでしょう。それ以下の私立大学の場合は、特別な国家資格でもない限り、どんなに景気が良くても、強力なコネでもない限りは就職は難しい状況はいつの時代も変わりません。

 教育業界では2018年問題と言われる問題が2件あります。1つはこの年から18歳人口が減少していく問題です。もうひとつは教職員の雇用問題で雇い止め問題です。教職員の雇用問題は別の機会にお話しするとして、18歳人口減少問題は、大学・短大・専門学校にとっては死活問題ですが、実は入学した学生にも問題が生じます。
それは、
この先母校が消滅するかも知れない ということです。
小学校や中学校が統廃合されて母校がなくなっているケースはありませんか?
公立高校でも、近隣の学校と合併統合されているケースが多々見受けられます。
大学・短大・専門学校にもその波が来ているということです。何が困るかって、保護者の方ならわかると思いますが、就職、転職、資格試験などで卒業証明書の発行業務が困難になるということです。
学生が困らないように、引継ぎ校ができたり、それでもできない場合は文部科学省が引き継いでくれますが、消滅する確率の高い学校を選択するのは、私は疑問です。
大学・短大・専門学校もそんならないように学生募集に必死なわけです。対応策としてやっているのは、留学生の入学を入学させます。
 話を元に戻すと、志望校を決める前になりたい職業、やってみたい仕事をある程度決めてから、
分野を確定させて学校を選ぶということをお勧めします。

明日はその職業の中で安定している職業を紹介しようと思います。

今日も閲覧いただきありがとうごさいます。

では
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。