FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/04/17

今週はブラック学校ウィーク その2保育士

おはようございます! 進学相談室のマスケンです。(^-^)/

今日も閲覧いただきありがとうございます。
昨日は、看護師の待遇改善なし、看護師を増やしても焼け石に水で人員不足は解消されないことを話しました。
また、看護学部を新設する大学や短大で、経営母体で医療機関を有しない学校は 金儲け主義で本当に看護業界のことなどかんがえいるわけではなく、学校経営のために新設していることも話しました。よーくその学校の沿革をHPで調べてください。
そういえば、文学部中心の大学が急に看護学部を新設する例えとして、「寿司屋でパスタ始めました」と話しましたが、
くら寿司でやってましたね(^∇^)
ラーメンをくら寿司で始めた時、築地市場の方々から、と「いずれパスタとかやるかもね」と言われて、失笑されてました。
まぁ、飲食店ですから高くても1万円程度ですからね。学校は学歴になりますから、そうはいかないでしょう。
ちなみに履歴書の読み方の裏話としては、小中学校は、生まれた育った地域の確認をしています。そして高校は、地頭の良し悪しを見ています。(義務教育の理解度や習熟度を測る意味です)それ以上の学歴は、努力する度合いを見られています。就活の際に参考にされると良いと思います。

 さて、今日は保育士を取り上げようと思います。看護師と同じ位保育士も人手不足です。理由としては、働く女性が増えたからで、今の安倍政権が一億総活躍社会なんていって、国民総動員で「働け、働け!」と言っているわけです。また、年金を先延ばしにして、高齢者にも 「働け、働け!」それでもまだ足りないから海外から留学生まで借り出す始末です。
現状は保育士不足で保育園側も預かる人数を制限しているわけで、保育所であれば子どもの年齢が0歳児の場合、保育士が配置されるべき人数は概ね子ども3人に保育士1人以上と定められています。そして1歳と2歳児の場合は子ども概ね6人につき保育士1人以上、3歳児は概ね20人につき1人以上、4歳と5歳児は概ね30人に1人以上を配置しなければならない法令があります。
ちなみに幼稚園は、教育する場所であるから文部科学省、保育園は厚生労働省が監督官庁です。許認可は都道府県です。

保育士を目指す方へのアドバイスは、看護師同様に、にわか保育士の養成校に行くと悲惨な就職しか待っていません。
この理由としては、なぜ待遇改善がされないのか?という問題ですが、行政は保育園に補助金を出しています。でも、待遇改善はされません。
もうお判りでしょうね。
ブラック保育園は、補助金を搾取しているということです。
だから、にわか保育士養成校を卒業すると、ブラック保育園への就職が待っています。まぁブラックからブラックというところです。


そのブラック保育士養成校のチェックポイントとしては
① 看護師同様にHPの沿革で本業や歴史をチェックしましょう。(歴史が浅い、本業と関係が全くないのは、危険)
② 学校内に、付属の保育園や幼稚園があるのか(座学の授業ばかりです)
③ 教員の入れ替わり状況(どこでも人の出入りが激しいのは危険)
といったところです。
また、保育士に限ったことではありませんが、募集定員に在校生が充足しているか?(定員割れしていないか?)
というところでしょうか。

まだまだ保育士不足は、解消されていませんが、一方で働く女性はどんどん増えています。預けるところがなく、保育園で苦労している保護者の方は多いですが、保育園をビジネスとして金儲けの道具にしている保育園やそこに送る養成校共に悪質な所も多いのが世の中です。ニーズがあれば、そこには詐欺まがいなことも往々にしてあるということです。

ぜひ、そういった目で学校のHPや保育園のHPを見てみましょう。

今日も閲覧いただきありがとうございました。
明日もブラックウィーク その3として 留学生を取り上げようと思います。
では
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。